2018年6月のschedule

 

通常 ■OPEN▶ 18:15 ■LIVE START▶ 19:00〜 / 20:30〜 / 22:00〜 CLOSED▶ 23:30
〜通常、入れ替えはありません〜
お支払い金額は「テーブルチャージ + ミュージックチャージ + ご飲食代」です。
お支払いはお帰りの際にお願いします。(小学生以下はミュージックチャージ無し*特番を除く)
*写真はイメージです。当日共演者が異なる場合もございます。
5月7月
1(金)
ヨーコ・サイクス(vocal)スペシャルライヴ
青木弘武(piano)ジャンボ小野(bass)木村由紀夫(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
ヨーコ・サイクスは長い米国での生活を終え日本に戻って来ました。卓越した歌唱力と英語力は右に出る者がいません。ベテラン青木弘武(p)、ジャンボ小野(bass)木村由紀夫(drums)の絶妙なサポートがいつも輝きます。
2(土)
ジー二(vocal)and Company
小池純子(piano)吉川大介(bass)シャノア(vocal)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ブルージーなフィーリングを得意とし、温かい声ながら、パワフルで、ソウルフルな歌唱力を持つヴォーカリスト。「ジーニ」の歌にはいつも感動を覚えます。シャノア(vocal)の歌も楽しみです。
3(日)
栗芝健舟(篠笛)Birthday Live
森郁、足立直子(vocal)西村俊哉(guitar)渡邊永子(flute)秦野格(bass)タッキー岡野(drums), 細田麻央(舞踏家)ゲスト:バードマン幸田(sax)
[開始時間:18:30〜]
[¥6,000 フリードリンク、ビュッフェ]
4(月)
渡辺明日香(vocal)&野口久和(piano)トリオ
佐瀬正(bass)高橋徹(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
歌唱力抜群の「渡辺明日香」が皆さんをクギ付けにします。歌伴に定評のある「野口久和(p)」トリオが絶妙なサポートを展開します。
5(火)
渋艶香(vocal)&寺島優樹(piano)土谷周平(bass)

[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
寺島優樹(p)、土谷周平(b)との共演による、渋艶(しぶいろ)香(vo)東京初ライブです。 香は30代で作詞とライブ活動を開始、その後ジャズと出会い、同時に「歌うための訳詞」に取り組み始めました。時に大胆な意訳も行ない、日本語として自然な歌詞になるよう心がけています。おなじみのスタンダードの世界を、ちょっと変わった視点からお楽しみください。
6(水)
中野綾子(vocal) ボーカルセッション
中島薫(piano)吉川大介(bass)中屋啓之 (drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
プロデューサーとして有名ライヴハウスに企画を提供しているシンガーの「中野綾子」はヴォーカルセッションも主宰しています。
7(木)
中垣あかね(vocal)
KO Funahashi(drums) 星野まさき(piano)三橋洋介(bass)ゲスト:小島のり子(flute)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,500] 
ヴォーカルの「中垣あかね」は名古屋を中心に活動しています。ドラマーは早大ジャズ研OBでバンドリーダーとして活躍を続ける「KO Funahashi」、三橋洋介(bass)といったジャズ研OBの精鋭でメンバーを固めました。そして、ゲストには小島のり子(flute)を迎えます。お楽しみに…
8(金)
佐藤洋祐(alto sax,clarinet,flute,vocal)カルテット
石田衛(piano)三橋洋介(bass)大井澄東(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
佐藤洋祐(alto sax)カルテットの登場です。佐藤は2008 年に渡米、ニューヨークを中心に活動、"グラミー賞”を2回受賞、世界各国のジャズ・フェスティバル等に参加するなど、サックス奏者として世界的に非常に高い評価を得ました。2015年には、自己の音楽を追求すべく米国から日本の千葉県佐倉市に拠点を移し、現在に至っています。
9(土)
JAZZ SUPREME COMBO
中山拓海(alto sax)荒牧峻也(trumpet)壷阪健登(piano)勝矢匠(bass)鈴木孝宜(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
早稲田大学ハイソサエティーオーケストラに2014、2015年度に在籍していたメンバーが再び集結します。大学時代は山野二連覇をしたメンバー。ピアノの壷阪は大学卒業後バークリー音楽大学へ留学。荒牧は福岡、鈴木は名古屋を中心に活動を展開しています。そのため今回は、このメンバーでの演奏はとてもレアなものとなります。学生ビッグバンド現役当時を知る人も、そうでない人も是非お越しください。熱いコールアンドレスポンスのジャズをお贈りします。
10(日)
お休み
11(月)
諸田富男(drums)六重奏団CD「Tommy the Eggman」発売記念ライヴ
赤塚謙一(trumpet)吉橋厚(tenorsax)竹内郁人(alto sax)八木隆幸(piano)笠原本章(bass)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
ドラムの諸田富男が12年ぶりのCD第3弾! “Tommy the Eggman”(2枚組)をリリースしました。実力派若手ミュージシャンとJazz Spot「J」でライブレコーディング。オリジナル4曲を含むファンキージャズ、今回はCD発売を記念してのライブです。
12(火)
mana(vocal)&若林稔(piano)トリオ
土谷周平(bass)鈴木麻緒(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
新進ヴォーカリストのmanaとべテランピアニスト「若林稔」トリオの共演です。manaからプロフィールが届きました。幼少期にクラッシックピアノを始め、大学時代に軽音楽部でjazzに出会い、斉田佳子にボーカルを師事。その後、横浜を中心にライブハウスやレストランで演奏活動を行っている。ジャズスタンダードのみならず、ポップスや日本の歌をアレンジするなど、様々な楽曲を取り入れている。
13(水)
ほんごさとこ(vocal)&大崎龍治(piano)トリオ
三橋洋介(bass)村田憲一郎(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ハートに滲みる「ほんごさとこ」の唄をたっぷりお楽しみください。ほんごさとこはTV神奈川でレギュラー番組を持つなど大活躍です。バンドは大崎龍治(piano)トリオ。三橋洋介(bass)村田憲一郎(drums)が共演します。
14(木)
福代亮樹(tenor & soprano sax)&嘉勢太務(piano)「DUO」

[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
多くのコンテストでグランプリを獲得した若手No.1テナーサックス奏者「福代亮樹」のプレイを是非一度お聴きください。今回はピアノの嘉勢太務との「DUO」のステージとなります。嘉勢はジャズ・タンゴ・現代音楽など幅広い分野で卓越したテクニックの持ち主。特筆すべきはピアノの音の美しさを最大限まで引き出したその音色です。福代のテナーとピアノサウンドがどういう風に融合するか、興味津々です。
15(金)
Smily Produce
秋吉尋美、石井久美子、MIZUE(vocal)山白恭二(piano)浦上俊彦(bass)貝増直樹(drums)スマイリー斎藤(MC)
[開始時間:19:00〜 21:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
毎回好評のスマイリー斎藤さんプロデュースによる「Smily Produce」。ヴォーカルに秋吉尋美、石井久美子、MIZUEを迎え、楽しく、にぎやかに開催します。
16(土)
早稲田大学ハイ・ソサエティ・オーケストラ スペシャルゲスト: 吉田治(tenor sax)

[開始時間:19:15〜 21:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000 (学生¥1,500)]
『ハイソ+スペシャルゲスト』シリーズ第5弾!!学生ビッグバンドの雄、「早稲田大学ハイ・ソサエティ・オーケストラ」は、ハイソの名で親しまれ、ジャズ界でもその名を広く知られてきました。これまでに多くのプロミュージシャンを輩出、今年で60周年を迎えました。グレン・ミラー、デューク・エリントンなどの古き良き時代のジャズからコンテンポラリーな作品まで、100曲以上の楽曲を揃えています。 さて今回は「ハイソ」にプロのスペシャルゲストを加えてお送りするシリーズ第5弾。ハイソOBでビッグバンドのリーダーでもあるテナーサックスの「吉田治」を迎えます。今後もわが国第一線のミュージシャンをお招きするシリーズを企画していますのでご期待ください。
17(日)
お休み
18(月)
中村真理子(vocal)&Heika's Trio
佐々木良廣(bass)今村真一朗(piano)川口弥夏(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
故上野尊子(SONKO−SAN)の愛弟子中村真理子(vocal)のステージです。佐々木良廣(bass)今村真一朗(piano)川口弥夏(drums)のHeika's Trioが共演します。
19(火)
山本真理子(vocal) &坂本剛(piano)トリオ
土谷周平(bass)矢藤健一郎(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
確かな歌唱力の持ち主でデビューアルバム「Here's to you」が好評の「山本真理子(vo)」が登場します。坂本剛(piano)トリオがお相手をつとめます。
20(水)
足立直子(vocal)with西村俊哉(guitar)ジプシージャズトリオ
栗山亮介(guitar)玉木勝(bass)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
足立直子(vo)と西村俊哉(g)の哀愁を帯びたジプシージャズサウンドがたまらない魅力です。足立はジャンルにこだわらない幅広いレパートリーと、ソウルフルな歌声に定評があります。
21(木)
西川彩織(drums)クインテット
小田采奈(sax)千葉岳洋(piano)佐藤潤一(bass)小柳えめり(percussion)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
オーソドックスなジャズをベースに、自身のオリジナルナンバーを織り交ぜてお届けする西川彩織(drums)クインテットのライブ。これまで何度も共演を重ねている馴染みのメンバーと共に生み出す白熱のステージに注目を。
22(金)
雪村いづみ(vocal)「J」ファーストライヴ
桃井まり(vocal,MC)田中和音piano)桐澤輝(bass)豊田一樹(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥4,000]
まだ伝説には出来ない!。雪村いづみ・奇跡のステージ、「J」初登場!!
※3rdセットはセッションタイムになります。
23(土)
Yukimaru Quintet
原山勇気丸(vocal)鈴木雄太郎(trumpet)海堀弘太 (piano)上原悠馬(bass)土岐洋祐(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
早稲田大学モダンジャズ研究会に所属し、若手最注目ボーカリストの原山勇気丸が、同世代の個性派、実力派を引き連れてスペシャルユニットを組みました。
24(日)
お休み
25(月)
New Standards Quintet
木村由紀夫(drums)須藤俊也(piano)山田晃路(bass)右近茂(tenor sax)駒野逸美(trombone)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
「J」でのスタンダードナンバーを演奏するバンドのなかでも安定した人気を誇る「New Standards Quintet」が素敵なCD"It Had To Be You”をリリースしました。リーダーであるドラマーの木村由紀夫さんはデビューして44年目を迎える大ベテラン。スタンダードナンバーに現代のスパイスを加えてゴキゲンな演奏を展開します。ベテラン男性陣に囲まれて、紅一点、駒野逸美(tb)がフロントに立ちます。
26(火)
杵渕真理(vocal)&二村希一(piano)中村新太郎(bass)

[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
都内ライブハウスで活動中の杵渕真理が、抒情的な珍しいバラードからおなじみの曲まで、多彩なジャズスタンダードを、ハートフルに歌い語ります。二村希一(piano)と中村新太郎(bass)がサポートします。ぜひ聴きに来てみてください。
27(水)
宮崎勝央(alto sax)グループ
八木美恵子(piano)永見寿久(bass)佐竹尚史(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
渡辺貞夫さんに憧れ、熊本・天草から上京して来た「宮崎勝央(as)」。時間も経過し少しベテランの域に達しましたが、美しい音色とサダオさんもビックリのフレーズが溢れ出て相変わらずカッコイイです。
28(木)
大江陽象(drums)カルテット
松永直樹(piano)杉山慧(guitar)手島甫 (bass)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
スタンダード&ビバップの名曲をストレートにスイングするバンド。
【バンマス&ドラム大江陽象】
井上銘gt.中島朱葉asなど、幾多の若き才能を世に紹介してきたドラマー。50年代黒人ジャズのサウンドが滲み出てくるようなドラミング
【ギター杉山慧】
静岡から来た新星。強力にスイングする ジャズ界の『即戦力』23歳
【ピアノ松永直樹】
18歳より楽器経験ゼロからジャズピアノをはじめて、ベニーグリーンのようにグルーヴする、驚異的な努力の男。25歳
【ベース手島甫】関西若手ファーストコール〜NYで2年修行済み。タフなビートでバンドを支える26歳
29(金)
リディア(vocal)&大森明(alto sax)カルテット
三木成能(piano)大戸幹夫(bass)濱田省吾(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
リーダーをつとめる大森明(alt sax)は日本のBEBOPの第一人者。あくまでも正統派ジャズに根付いた作品をという活動姿勢は、専門家筋の間でも高い評価を受けています。また共演するボーカルの「Ridia(リディア)」は1996年浅草ジャズコンテスト審査員奨励賞を受賞、これをきっかけにプロ歌手としての活動を開始しました。2013年から大森さんのバンドでボーカルとして参加しています。ゴスペル出身からか音量が並外れて大きく、荒削りなところがあるものの、「個性的なキャラクター」が最大の魅力と大森さん。
30(土)
ルパン三世・THE JAZZ 「大野雄二(piano)トリオ」Sold Out
上村信(bass)市原康(drums)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000]
ルパンの音楽やNHK「小さな旅」のテーマミュージックなど数多くの音楽を手がけてきた大野雄二。「大野雄二(p)」の作曲家としての業績は書き切れません。その大野が自らルパンの音楽やスタンダードナンバーをエキサイティングに演奏します。SOLD OUT/満席となりました。キャンセル待ち受付中です。
5月2018年6月のschedule
7月
Live SchedulePartyのご案内Rental Hall Event Produce
1978年、学生時代のバンド仲間が集まり株式会社ノース・ウェスト エンタープライズを設立。幸田稔、森田一義(タモリ)たちが中心となりジャズスポット「J」を開業。今年で39周年を迎えました。
Food MenuDrink Menu Musicians Original Goods
English PageGalleryLink 「J」について
初めての方にWhat's New交通案内お問い合わせメール
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-1-1ロイヤルマンションB1 MAIL:n.w.e@jazzspot-j.com

当サイト上では敬称を省略させていただいております。
®Northwest enterprise 2017